アルコール使用障害

アルコール依存症は、アルコールによる脳構造、神経化学、行動の障害を特徴とする脳疾患です。

概要

アルコール依存症は、身体及び行動に影響を及ぼす疾患であり、慢性化、再発、進行性の経過をたどるリスクの高い疾患です1。過去20年にわたる数多くの研究により、疾患に対する理解は高まり、アルコール依存症の概念は、道徳観念的な問題から治療可能な(治療を要する)疾患へと変化しています2

アルコールはほとんどの臓器に有毒な物質であり、飲酒量と長期の疾患発症率および死亡率には高い相関性があります3。飲酒は、60種以上もの疾患及び傷害の原因となります4。また、多量飲酒は、暴力や生産性低下、医療費等から多額な社会的費用を生じます4

飲酒の開始において、遺伝的要因および環境要因は重要です。ストレスや飲酒の量は、家族、友達、社会によって決定付けられます。遺伝的に飲酒に対する制御を失いやすい人がおり、疾患リスクの60%が遺伝的要因によるものと推定されています5,6。アルコール依存症リスクは飲酒量とともに増大します7。肝硬変、てんかん、中毒、交通事故、暴力、多くの癌は、20~50%が飲酒を原因とすることが推定されています4

症状

アルコール依存症は、多くの場合、抗し難い飲酒欲求を呈します。飲酒を制御することが困難となり、問題が生じても飲酒を続けます8。飲酒をやめたときに、悪心、発汗、振戦などの離脱症状を経験することがあります9

 

統計

多量飲酒は世界中の多くの国で頻繁にみられ、特にヨーロッパで多く認められています3。ヨーロッパにおいてアルコール依存症はもっとも多くみられる脳疾患のひとつです10。EUにおいて年間1400万人以上がアルコール依存症に罹患しています10

ヨーロッパにおけるアルコール依存症関連費用は、580億ユーロであると算定されています11。ヨーロッパでアルコール乱用および依存症と診断される人の割合は平均15%です12。このうち実際に治療を受ける人はごく一部です。アルコール乱用・依存症の治療ギャップの中央値は92%であり、実際に治療をうける患者さんはわずか8%です13

診断及び治療

アルコール依存症が疑われる場合には、医師に相談してください。診断には、生物学的項目や行動学的・社会学的要因を考慮します14。診断を行う際に、家族、友人、同僚からの情報も重要となる場合があります。

アルコール依存症の治療は行動療法から成り、一般的には薬物治療と併用して行われます2。アルコール依存症の総括的治療の一環として、断酒と飲酒量低減の両方の治療目標を考慮すべきです15, 16。患者さんの周囲の人々のサポートも大変重要です。

アルコール依存症の治療は専門医に相談してから受けてください。

参考文献

1. WHO, ASAM web site 2012

2. Gunzerath L, Hewitt BG, Li TK, Warren KR. アルコール研究:過去、現在、未来 (Alcohol research: past, present, and future) Ann N Y Acad Sci 2011; 1216: 1–23.

3. Rehm et al. Eur Addict Res 2003;9:147-156

4. 世界保健機関 (WHO).世界の飲酒及び健康に関するレポート(2011年)

5. Vengeliene et al. Br J Pharmacol 2008; 154(2):299-315

6. Schukit. Ch. 98. In: Davis et al (eds). Neuropsychopharmacology: The Fith Generation of Progress. 2002

7. Dawson & Archer. Addiction 1993;88: 1509-1518

8. WHO, ICD-10, F10-19

9. MayoClinic.com. アルコール依存症(Alcoholism) 2010年5月http://www.mayoclinic.com/health/alcoholism/DS00340/DSECTION=symptoms. Accessed 08/08 2012

10. Wittchen et al. Eur Neuropsychopharmacol 2011;21(9):655-679

11. Gustavsson et al. Eur Neuropsychopharmacol 2011;21(10):718-779

12. Mukherjee & Sosa. Special report. Alcohol Addiction, Decision Resources, 2010

13. Kohn et al. Bull World Health Organ 2004;82(11):858-866

14. アメリカ精神医学会 (APA). 「精神障害の診断と統計の手引き」第4版改訂版DSM-IV-TRTM. 2000 American Psychiatric Association

15. EMA医薬品の開発に関するガイドライン(2012年)

16. NICE 臨床ガイドライン115(2011年)

Model.RightColumnImageAltText
これでこのウェブサイトを終了します。