アルツハイマー病

アルツハイマー病は、脳が徐々に変性し、記憶や日常機能、行動に障害をきたす神経疾患です。

概要

 

アルツハイマー病は、脳が徐々に変性していく進行性の脳疾患です。主に65歳~70歳以上の高齢者に発症します。アルツハイマー病を発症すると、記憶、思考、実行機能及び行動を損なう変化がみられ、時間の経過と共にひどくなっていきます。これらの変化は日常生活に徐々に影響を及ぼし、自立した生活が難しくなり、やがては常に介護を要する状態に至ります。

 

アルツハイマー病は、介護者にも多大な影響を及ぼします1。多くの場合、身内の方が在宅で介護を行っていますが、介護は重労働で心身の大きな負担となります1

 

アルツハイマー病では、脳細胞が傷害され、死滅することにより、脳の委縮と神経伝達のアンバランスが起こります。脳細胞が変性していくと、アミロイド斑及び神経原線維濃縮体と呼ばれる特徴的な老廃物が脳内に蓄積します。

 

症状

 

アルツハイマー病の症状は、時間をかけて徐々に現れ、経過や症状には個人差があります。一般的には、物忘れや軽度の混乱が最初に発現します。アルツハイマー病の症状は、認知障害、実行機能低下、行動・心理症状に大きく分類されます。

 

認知障害
近時記憶の障害(少し前の出来事を忘れる、同じことを何度も言う、置いた場所やしまった場所を忘れる、計画や段取りが立てられない)、決断できない、時間や場所が分からなくなる、学習能力がなくなる、友人や家族が認識できなくなる。

 

実行機能低下

複雑な事柄だけでなく通常の日常活動が難しくなる、自分でお金を管理することが難しくなる、衛生状態を保てない、失禁する、着衣が難しくなる、バランスが悪く、動作が不安定になる。最終的に完全な寝たきり状態となる場合も多い。

 

行動・心理症状
アルツハイマー病では次のような社会性を欠いた行動・心理面での問題が現れることがあり、介護の大きな負担となる:妄想、興奮・攻撃性、抑うつ・情緒不安、食欲・食行動の異常など。行動の変化は家族や介護者にとって特に対応が困難であり、施設に入所する理由となることが多い。

 

アルツハイマー病を疑う10の症状

 

  1. 日常生活に支障をきたすほどもの忘れをする
  2. 計画を立てたり問題を解決したりすることが困難になる
  3. 家庭、職場、趣味等で慣れたことを終わりまで出来にくくなる
  4. 時間や場所の感覚の混乱
  5. 視覚情報の意味や、空間的位置関係の理解が難しい
  6. 言葉を話したり書いたりする際の問題が生じる
  7. 物の置き場所を間違えたり、来た順路を思い出せなかったりする
  8. 判断をしなくなる、または判断力が低下する
  9. 仕事や社会活動から引きこもる
  10. 気分や性格が変わる

 

 

統計

 

世界的に、3600万人が認知症を罹っています2。全世界の認知症に罹患する3600万人のうち、2800万人はおそらくまだ認知症の診断を受けておらず、治療や、情報・ケアを受けられていません2。毎年、推定460万人が新たに患者として同定されています3。高齢者人口が増えるにつれ、認知症の罹患者数は20年ごとに倍増していくことが予測されており、2050年には罹患者が1億1500万人になると考えられています2

 

アルツハイマー病は認知症全体の50~70%を占め、もっとも大きな要因となっています4

 

全世界の認知症関連費用は、GDPの1%以上にも達しています(2010年には6千40億USドル)2

 

診断と治療

 

ご自身やご家族等がアルツハイマー病ではないかと思われる場合、医師の助けやアドバイスを得るようにしてください。アルツハイマー病の診断は、本人や付添者から話を聞きながら行われます。血液検査や脳の画像診断を行う場合もあります。アルツハイマー病の症状や重症度の判定には、たくさんの評価尺度があります。

 

現在、アルツハイマー病を根本的に治すことはできませんが、症状を治療することが可能です。研究は現在も進められています。現在のアルツハイマー病の治療法では疾患の進行を止めることはできませんが、認知症症状の進行速度を一時的に遅らせ、患者さんと介護者のQOLを改善することができます。現在、アルツハイマー病の治療、発症を遅らせる方法及び進行を妨げる方法の発見に、世界中が取り組んでいます4

 

 

 

References

Georges J, Jansen S, Jackson J, et al. Alzheimer’s disease in real life – the dementia carer’s survey. Int J Geriatr Psychiatry 2008; 23 (5): 546–551.

Alzheimer Disease International. World Alzheimer Report 2011. The benefits of early diagnosis and intervention. Published by Alzheimer’s Disease International (ADI), September 2011.

Ferri CP, Prince M, Brayne C, et al. Global prevalence of dementia: a Delphi consensus study. Lancet 2005; 366 (9503): 2112–2117.

Alzheimer’s Association. Basics of Alzheimer’s disease:  http://www.alz.org/alzheimers_disease_what_is_alzheimers.asp

Model.RightColumnImageAltText
これでこのウェブサイトを終了します。