社員の育成

ルンドベックにとって社員は重要な財産です。弊社は高度教育を受けた社員を多く抱える知識集約型企業であるため、専門能力育成と自己啓発に重点的に取り組むことが大変重要であると考えます。

people talking
現在実施している社員の啓発活動全てを体系化するため、社員啓発の重点的要素を国際規模で統合させた
Global Performance Management Processを実施しています。
Global Performance Management Processの重要な要素は、各社員がIndividual Development Plan (IDP)を
検討し設定することです。 IDPは、個人の目的と業務達成に必要な能力開発とをリンクさせ、同時に業績目標も設定します。
また、Global Performance Management ProcessとIDPは、ルンドベックの定める3つのキャリアパス
(スペシャリスト、プロジェクトマネージャー、ラインマネージャー)に密接に関連しています。
複雑な職務を遂行するには、社員の様々な技術・能力が必要です。
3つのキャリアパスを用意することにより、常に社員を適材適所に配置し、各社員のキャリアにおける希望を
満足させる様々な機会を提供することができます。

 
3つのキャリアパスの啓発・能力育成をサポートするため、弊社では、一連の社員啓発プログラムを実施しています。


リーダーシッププログラム(Lunar and Solar leadership development programmes)
このプログラムの主な目的は、日常職務ならびにグローバル戦略におけるマネージャーの諸問題に取り組むことです。
タレントプログラム(Navigator and Voyager talent programmes)
このプログラムの主な目的は、優れた才能を持つ社員の育成を推進することです。
タレントプログラムを実施することにより、優れた人材を確保し、最高の才能を育て、それによって、堅実な後継者育成計画と
長期的事業目標を達成する基盤を確保し、優れた業績を上げる企業文化を支えていくことができます。
プロジェクトマネージャープログラム
このプログラムの主な目的は、ルンドベックのあらゆるプロジェクトで発揮することができる基礎・上級マネージメント技術を
育成することです。
これでこのウェブサイトを終了します。