ルンドベック社との企業提携をお考えの皆様へ

他社との提携はルンドベック社にとって重要な戦略目標のひとつです。今ある提携関係によって企業価値を高め、新たな提携先を常に積極的に探し求めることで成果をあげております。

ルンドベック社は、過去10年間にわたり、前臨床から販売まで、さまざまな企業提携を行い、精神神経疾患及び神経科学研究のエキスパート企業となりました。戦略的提携の重要性を全社的に認識しており、優れたパートナーとなるための努力を続けております。

ルンドベック社をパートナーにする理由

 

1.      総合製薬企業であること

ルンドベック社は、研究、臨床開発、製造、マーケティング、販売分野において高い能力を有する従業員約5300名を55か国に擁する総合製薬企業です。前臨床から市販まで、提携製品を弊社バリューチェーンへ組み入れることに成功しています。

2.      製品上市の実績

ルンドベック社が現在市販しているほとんどの製品は、自社研究及び外部による前臨床研究・臨床開発の成功により実現したものです。現在、精神神経疾患に苦しむ方々にAbilify Maintena®、Brintellix®、Northera™、Onfi®、Rexulti®等の主要製品を提供すべく、上市に向けて、弊社創立以来最大規模の取り組みを行っております。

開発パイプラインの分子化合物から上市可能な安全な製品へとプロセスを遂げることに成功した弊社の製品群は、精神神経疾患に特化した開発スタッフ1000名の努力の賜物です。

3.      販売の成功実績

ルンドベック社は、世界中に強力な販売基盤を持ち、製品の販売を行ってまいりました。多くの国において、うつ病、統合失調症、パーキンソン病、アルツハイマー病の治療薬を販売しています。

こうした販売実績は、約3000名の社員と地域の強力な販売力を備えたグローバルな販売・マーケティング基盤の上に成り立っています。患者さんが必要とする治療を受けることができるように弊社の販売組織が全力で取り組んでいます。

 

4.      精神神経疾患への特化

ルンドベック社は、自社研究及びライセンス契約により、精神神経疾患領域で70年以上の経験を積んできました。弊社のR&Dおよび販売チームは精神神経疾患に特化し、精神科、神経内科の主要オピニオンリーダー、専門医、ならびにGPとの間に強力なネットワークを有しております。

ルンドベック社は、精神神経疾患領域における重要企業としての地位を高めることを企業戦略としています。精神神経疾患は、世界中でもっとも大きな疾病負担のひとつであり、患者人口は今後増加すると考えられています。また、この領域ではいまだ満たされないたくさんの医学的ニーズが存在しています。

5.      柔軟かつ迅速な企業提携への意思決定

ルンドベック社の経営陣は企業提携に対し積極的に取り組んでおり、新たな提携の機会に際し体系的かつ迅速な意思決定を行うためのプロセスを設計し取り入れています。

 

詳細につきましては本社ウェブサイト内の フォーカス領域パートナーシップ提携方法コンタクトをご覧ください。

会社の歴史

Building

H.ルンドベック社の歴史についてはこちらをご覧ください。

ルンドベックのあゆみ
これでこのウェブサイトを終了します。