透明性ガイドライン

企業活動と医療機関等との関係の透明性に関する指針

以下にルンドベック・ジャパン株式会社の指針及び2014年度の医療機関等への資金提供の実績を公開します。

 

  1. 目的

ルンドベック(ルンドベック・ジャパン株式会社及びその本社であるH. Lundbeck A/S)は、倫理的責任を持ち、透明性を確保しながら企業活動を行うことに最大限の努力を払うことを約束します。弊社ではCode of Conductを定め、この指針を遵守して業務を行うことにより、社会的に尊敬され、信用される製薬企業としての評価を維持し続けたいと考えています。ルンドベックのCode of Conductにおいては、医療機関等の顧客との間で信頼及び透明性を維持することが挙げられており、ルンドベックのCode of Conduct並びに日本製薬工業協会が策定した「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」に基づき会社の業務を遂行することは、国民の生命、健康にかかわる製薬企業としてルンドベック・ジャパン株式会社の責務です。 以上のことを考慮して、当該指針を作成し、医療機関等との関係において資金提供等に係る透明性について弊社のポリシーを提示することとしました。

 2.公開方法

ルンドベック・ジャパン株式会社は、自社ウェブサイト等を通じ、前年度分の医療機関等への資金提供について決算終了後に公開します。

3. 公開時期

決算後2014年度分を、2015年度より公開を開始し、以後毎年前年度分を決算後、次年度に公開します。なお、公開期間は、公開開始日より1年間とします。

 

4. 公開対象及び公開の形態

A 研究費・開発費等

GCP省令などの公的規制のもとで実施されている臨床試験や、新薬開発の治験および製造販売後臨床試験、並びにGPSP省令、GVP省令などの公的規制のもと実施される副作用・感染症症例報告、製造販売後調査等の費用およびそれら試験・調査等に関連するCRO等への支払いを対象とし、公開形態は以下のとおりとします。

費用項目

公開形態

2014の実績

共同研究費

年間の総額

-

委託研究費

年間の総額

-

臨床試験費

年間の総額

¥ 5,348,240

製造販売後臨床試験費

年間の総額

-

副作用・感染症症例報告費

年間の総額

-

製造販売後調査費

年間の総額

-

 

B. 学術研究助成費

学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、および学会等の会合開催費用の支援としての学会寄附金、学会共催費について公開します。 また、医薬品の無償提供、物品寄付、原末提供についても本項目に含まれます。

費用項目

公開形態

2014の実績

奨学寄附金

○○大学○○教室:

○○件○○円

-

一般寄附金

○○大学(○○財団):

○○件○○円

-

学会寄附金

第○回○○学会(○○地方会・○○研究会):○○円

-

学会共催費

第○回○○学会 ○○セミナー:○○円

¥ 2,527,200

 

C 原稿執筆料等

自社医薬品に関する科学的な情報等を提供するための講演や原稿執筆、コンサルティング業務の依頼に対する費用等について公開します。

費用項目

公開形態

2014の実績

講師謝金

年間の総額:

○○大学○○科○○教授

△△病院△△科△△部長

-

原稿執筆料・監修料

年間の総額:

○○大学○○科○○教授

△△病院△△科△△部長

 

コンサルティング等業務委託費

年間の総額:

○○大学○○科○○教授

△△病院△△科△△部長

¥ 406,388

 

D 情報提供関連費

医療関係者に対する自社医薬品の科学的な情報提供に必要な講演会、説明会等の費用について公開します。

費用項目

公開形態

2014の実績

講演会費

年間の件数・総額

-

説明会費

年間の件数・総額

-

医学・薬学関連文献等提供費

年間の総額

-

 

E その他の費用

社会的儀礼としての接遇等の費用について公開します。

費用項目

公開形態

2014の実績

接遇等費用

年間の総額

-

各医療関係者への支払の詳細(件数、金額)の閲覧を希望される場合は、E-mail: Japan@lundbeck.comにてルンドベック・ジャパン(株)までご連絡ください。

 

これでこのウェブサイトを終了します。